兵庫・大阪を中心とする、関西エリアの電気工事は株式会社電建にお任せください!

  • 採用サイト
  • 写真を添付して相談する!

現場ブログ電建の日々の活動や電気工事の様子をお伝えします

  • 2011.10.05
  • 省エネ対策

省エネ!やらなきゃ損!・・・・照明器具交換工事!

すっかり秋めいてきました!

秋は食欲の秋!スポーツの秋!読書の秋!・・・過ごしやすい気候で身体も心も元気になりますね!

さて、先日お客様の倉庫の照明器具交換に行ってまいりました!

現場は倉庫の中二階で、現在水銀灯400Wが12台設置されていますが、低い天井についているために照明器具の笠の部分を切り取って使用されていました、

水銀灯は笠の反射を利用しておもに下部を照らすので、笠を無くしてしまうと光が広がってしまい、意外と明るくないのが現状でした、また、水銀灯は連続して入り切りをすることが苦手です、ついている照明を一度消してしまうとすぐに点灯できなくてしばらく時間がかかります。

今回、その水銀灯の代わりに設置をしたのがパナソニック電工の「Wエコ」という商品です。

これは蛍光灯63Wというオリジナルの蛍光灯を使用することにより40W×2灯の明るさを一本で補う優れものです。

今回は照度計さんをしたうえでこの照明器具を配置しやすくなおかつ明かりの欲しいところに設定したところ9台で済むことが判明しました、しかも明るさは現在よりも明るくなります。

概算ですが、年間電気料金は現在、20万円ですが、工事後は3万円になり、ランプ交換のランプ代金6000円が3000円になるので、年間節電費は約17万円と言うことになります。

弊社の工事代金はこの17万円以下ですので・・・・・・1年以内にペイできると言うことになります!!!

こりゃやらなきゃ損です!

ちなみに今話題のLEDで試算したところ、どうしても器具が高価になります、長い目で見ればいつかペイできるようになるのですが、今回のお客様はこの倉庫を「賃貸契約」されており、事業展開が今後どのように変化するか解らないので「Wエコ案」で決定いたしました。

今回のメリットをまとめておきます

①電気代が下がる!

②スイッチの入り切りが容易になったため不要なときは消灯することができるので更に電気代が下がります

③倉庫内は以前よりも明るくなり、作業性も向上します。

④今回の工事でスイッチの割り振りも変更したので必要な所だけ照明を点灯させれます。

ちなみにCO2削減量は、3,313kg/年間 です!

最後までお読みいただきありがとうございました!

記事一覧に戻る

PAGE TOP