兵庫・大阪を中心とする、関西エリアの電気工事は株式会社電建にお任せください!

  • 採用サイト
  • 写真を添付して相談する!

現場ブログ電建の日々の活動や電気工事の様子をお伝えします

  • 2010.12.28
  • 電気工事

マンションのリニューアル

もう今年もあと僅かとなりました!皆さま今年一年はいかがな年でしたか?

私はホームページの立ち上げや、新しい仲間、新しいお客様との出会いが多い充実した一年でした!

さて、年をまたぎながらのマンションの改修工事を行っています!特に人目をひき、マンションの顔ともいえるエントランスの部分はオーナー様にとっても大事にしたいゾーンの一つではないでしょうか?

今回工事させていただいているのは、築約20年のマンションです。
既設の照明器具はすでに錆がかなり発生していて、少しガラスの部分が破損していたり・・・・・
天井部分は今回新たにペンキで仕上げられるということで、すっきりしたイメージにするためにダウンライトで仕上げることで話が進みました。

電球部分は今最先端のLED電球を使用し、共用部分のコスト削減にも配慮しました。

従来のLED電球は光の広がりが少なく、少し暗いイメージでしたが、最近の製品はその部分もかなり改良されていて、私どもの予想を裏切る(?)(嬉)明るいエントランスが完成しました・・・・。

これが旧エントランスです・・・・

そして下が完成した新エントランスです!!

廊下や階段もすべてLED電球を使用したいというオーナー様のご希望で照明器具すべてがLED電球を取り付けています。

ここでLED電球のスペックをちょっとご説明します。

まずはLEDが従来の照明とはどのように違うのか。第1に挙げられるのが省エネ性です。白熱電球は60ワットや40ワットとかなり消費電力が高く、それより省エネの電球形蛍光灯でも40ワット相当で8ワット、60ワット相当で12ワットくらいです。しかしLED電球なら40ワット相当で4~5ワット、60ワット相当でも7~8ワット程度とさらに低いのです。消費電力が下がれば、もちろんCO2排出量も減ることになりますね。

もうひとつの特徴が長寿命である事です。家庭向けのLED電球の場合、その多くは定格寿命4万時間というスペックのものが多く、定格寿命が1000~4000時間の白熱電球や、6000~1万3000時間の電球形蛍光灯と比べて大幅なロングライフを実現しています。つまり、取り替えるのが面倒な場所(高所など)に使うのには最適です。

電球形蛍光灯に比べて、スイッチを点けてから明るくなるまでの時間が短いこともLED電球の特徴。LEDは「発光ダイオード」という名称の通り、それ自体が半導体なので、スイッチを入れればすぐに点灯します。点滅に対する耐久性も高いので、頻繁にオンオフを繰り返すトイレや洗面所などにもぴったりだと言えます。
また電球形蛍光灯は気温が低いと明るくなるまでの時間のが遅くなる傾向がありますが、LED電球ならばそのようなこともありません。

蛍光灯に比べて紫外線や赤外線をほとんど出さない点にも注目です。書類が紫外線によって色あせを起こすこともないし、虫も集まりにくくなりますのでマンションの廊下や街頭には向いていますね。
落としても割れない点もメリットとしてあります。電球や蛍光灯では、落として割れるとガラスが飛散して危険なこともありますが、LED電球は表面が樹脂製のカバーになっているケースがほとんど。とくに小さなお子さんのいる家庭では着目してほしい部分です。ただし、LED電球は電球の中に電源回路などが入っているため、それ自体の重量が100~200グラムと従来の電球よりかなり重い点には注意です。
正直な話、現状ではLEDが苦手な面もあります。外観を見て分かるように、従来の電球と異なり、LED電球は全体が光るわけではないのです。そのぶん光の横方向への広がりや器具後方への回り込みが少なく、風呂場など壁面に取り付けると部屋が暗く感じられることもあるので注意が必要です。ただし、今回の事例のように最近のLED電球は球面に光を拡散する処理を施し、光の広がり方を調節しているものが増えてきました。

今回の工事は年明けに完成です。またこのブログにて結果をご報告したいと思います!!

明日わが社は仕事おさめです!!

大掃除をして今年一年を振り返ります・・・・・

年明けは毎年各自「個人目標」と「会社としての目標」を発表します!

実は私はもうすでに考えてあるのですが(笑)。

それでは皆様!本年は大変お世話になり誠にありがとうございました!!信念もますます精進して、皆様にご満足を提供していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします!!

皆様に素敵な新年が訪れることを心よりお祈りしております・・・・・・・

記事一覧に戻る

PAGE TOP