兵庫・大阪を中心とする、関西エリアの電気工事は株式会社電建にお任せください!

  • 採用サイト
  • 写真を添付して相談する!

現場ブログ電建の日々の活動や電気工事の様子をお伝えします

  • 2011.09.20
  • 社長日記

親子で爆走!90Km!(負けるか!)

先日、トレーニングのしすぎか?ケア不足か?解らないが「疲労骨折(足の甲)になっている陸上部所属の息子(中二)の足の甲に負担が少ない別メニュートレーニングとして自転車のロングライドに出かけた。

元々小学生のころは僕に連れられてトライアスロンの大会に出場していたので自転車には親しんでいる。

「良く考えてみろ、陸上競技で3時間トレーニングってちょっと難しいだろ?だけど自転車ならゆっくり長く身体に負担が少なくて心肺機能の長時間のトレーニングができるだろ?」と私

「そうか・・・・お父さん!今日は100Km行こう!」

走りながらに言う彼・・・

いやいや、それは今の彼には負担が大きいだろ・・・・俺も引退してから約10年まともに長距離のトレーニングをしていない・・・良いところ80Km・・・一回だけ(笑)・・・・(トレーニングしていない人の90Kmと80Kmの差は大きい)

彼は中学に入学して間もなく
「トライアスロンを辞める、陸上競技一本にしたい」
と言った。
彼とまたこうして男二人で長距離のトレーニングに出かけることがあるとは思っていなかった。

親子で、男同士でトレーニングできる事ってなかなかなくて素晴らしいことだ・・・って考えると俺って幸せ者だなと思うと同時に息子に感謝。

コースは猪名川町の自宅から~川西市の一庫ダムを経由して京都府亀岡~園部を折り返す形で・・・・途中の道は僕がトレーニング出来ていないころに大きく変貌していて、まるで違う場所にタイムスリップしたかのような感じで道に迷ってしまった(笑)。

当日は晴れた空が美しく、稲刈り時期の黄金色の田んぼが更に彩りを豊かにしてくれて、気持ちの良いロングライドになった・・・こんな景色や林の中を駆け抜けるとき「幸せだな」と思う・・・これは現役のころから変わらない・・・

帰り路、最後の峠が「柊峠」だ・・・・ここは大阪府の能勢町と京都府亀岡の境目の峠・・・・。

かつて仕事をやめてトライアスロンのトレーニングに集中していたころ実業団チームの選手たちとここで「ちぎりあい」 泣いたり、笑ったりした峠・・・ここではオリンピック選手や様々な選手が切磋琢磨した場所。

当時、「この峠を制することができない奴は大会で勝てない」と実業団監督であた八尾さん(現在チームブレイブ主宰)おっしゃっていた。

この峠はゴールの当時の合宿所まであと約20Kmの所に位置していて、100Km~200Kmのロングライドで足が無くなっているサイクリスト達の底力がここで見事に見えてしまうのだ。

この峠は、前半きつい勾配で、中盤あたりから勾配がゆるく長くなっていく・・・後半又勾配がきつくなってくる・・・・中盤で調子に乗ると後半ここでへばる・・・・
最後のあたりでは「もう登りが終わり」に見えてしまう所がある・・・ちょっとブラインドカーブになっていて先が見えない・・・実はそこから後30メートルほどでようやく頂上なのだ。

今回はここでは私の圧勝、全くバイクトレーニングしていない息子が僕に勝てないのは当然なのだが、何かに気がついてほしいと言う思いもあったので僕もあえて、もがき倒してこの峠を登った(遅いけど(笑))。

帰宅後、へろへろになりながらも最後まで一緒にゴールできた彼の根性を褒めてあげた・・・・

彼は悔しかったのだろう・・・シャワーを浴びた後昼食もとらずに、そのまま昼寝に突入! 私も負けじと昼寝に突入!二人して一時間ほど熟睡!(笑)この日ばかりは俺に偉そうな事を言わなかった(笑)

しかし、親父の休日はまだまだ終わらない!末っ子の甘えん坊の相手が待っている!!!(笑)「キュ~ン!キュ~ン!」という彼の声で起こされた!!!

よし!行くぞ!愛犬ウィリー!散歩に!!!

今日はちょっと遠くに出掛けようか?

記事一覧に戻る

PAGE TOP