兵庫・大阪を中心とする、関西エリアの電気工事は株式会社電建にお任せください!

  • 採用サイト
  • 写真を添付して相談する!

現場ブログ電建の日々の活動や電気工事の様子をお伝えします

  • 2011.11.07
  • 社長日記

マラソン大会にて・・・

昨日11月6日に「丹波もみじの里ハーフマラソン大会(5Kmの部)に参加して来ました。

今回は息子と一緒に5Kmのカテゴリーですが、彼と同じ大会の同じカテゴリーは「親子マラソン」以来初の事です。

息子は今中学の陸上部で頑張っている現役です、私はかつてトライアスロンのレースに出まくっていましたが今は仕事優先の生活で朝7時から夜は10時ごろまで拘束される生活です・・・

なかなかトレーニングできませんが、それも人生だと思い、素直に現状を受け入れ愉しむことが大切だと思うようになりました。

「忙しいから速く走れない」→「面白くない」・・・「きっと苦しいだけ」・・・・。

以前私の頭にあった構図です、しかしトレーニングを沢山出来て走ることも楽しいですが現状でどれだけ頑張れるかも楽しいと思ったのです。

昨日のレースはホントに苦しかったです・・・・4分/Km・・・なんて昔は「ジョギングペースだぜ」なんて思っていましたが、若いころいくらトレーニングを積んでも苦しくなるところまで追い込んで走るので、やはり苦しかったのです。なので苦しさの種類は少し違うかもしれませんが、元気いっぱいの若いころもレース中は「もうやめよう」とか「リタイヤしちゃおうかな」「歩いちゃおうかな」なんて思ってました・・・・

それは昨日も同じでした。

昨日のレースはスタート直後に息子に引き離されついていくことは全くできませんでした。折り返しの2.5Kmで息子は10位でした

「おい!10位や!10位!いったれ!」

そんな風に声をかけました。

頭の中では「後半抜かれてしまうのではないか・・・」と思うと心配になり、レースをやめて応援に行きたくなりました。
何でしょうか?自分でも良くわからないのですが息子に後を任せたような気分になり自分は力が抜けて行くのが解りました、もしかしたら「本能?」なんて考えながら・・・・

私の今の電気工事の会社の前身は父親が始めた電気工事会社です、社名も違いますし別会社で設立したのですが、やはり二代目と言う立場です、お客さまも職人さんも引き継いでいます。

引き継ぎを行う以前から私が父の会社に入社してから父はとたんにやる気が無くなったようでした・・・
私には
「お前が来て安心しした」
と言っていました、私は

「何安心してるんだ!会社は大変な状態じゃないか!現実を見ろよ!社長やろ!」

と父に絡みました、父は引き継ぎもまともにせずに隠居してしまったのですが、昨日のレースではそんな父の気持ちも少しは解ったような気がします。良くも悪くも引き継ぎが少し遅かったのだと思ってます・・・。

レースは息子は総合でも9位、中学生で2位と健闘してくれました、土曜日の駅伝大会では彼は失速してしまいチームが阪神大会に行けなくなってしまったのでちょっと元気がなかったのですが、今回新たなモチベーションにつながればいいなと思います。

さてさて私はなんとか20分切りをクリアしました(2秒(笑))僕のひとつ前の方は60歳以上の方・・・・いかんですね!まだまだ自分に厳しくトレーニングをします!

次は一庫マラソン大会です!10Km!もがいて来ます!

スタート直後の息子です。

初めてこの大会に参加したのは彼がまだ4~5歳のころの親子マラソン・・・僕に手をひかれて半泣きで走った日が昨日のように思い出されます。

記事一覧に戻る

PAGE TOP