兵庫・大阪を中心とする、関西エリアの電気工事は株式会社電建にお任せください!

  • 採用サイト
  • 写真を添付して相談する!

現場ブログ電建の日々の活動や電気工事の様子をお伝えします

  • 2016.05.13
  • 省エネ対策

続々 省エネ化

前回の省エネ化については蛍光灯で例をあげました。

今回は水銀灯のLED化で大阪府貝塚市のお客様に
提出したデータを紹介します。

水銀灯での消費電力は
1.1日およそ10時間(9:00-19:00)で、週5日、年間260日の
点灯時間は2,600時間
2.1台あたり400Wなので年間1,040kWh
この時は4台でしたので、年間4,160kWhでした
3.電気代 27円/kWhとすると年間の電気代は112,320円
4.水銀ランプ交換で年間7,500円の費用が発生します

LEDに置き換わったとして
1.は変わりません
2.1台あたり131W、4台のため年間1,362kWh
3.電気代 27円/kWhで計算すると年間の電気代は35,802円
4.ランプ交換はほぼ不要になります

水銀灯      LED
( 112,320+7,500 ) - (35,802) = 84,018円

たった4台でこの費用対効果です。
また、これは同等の明るさの器具で比較した場合です。

より明るくした場合(500W相当)

水銀灯      LED
( 112,320+7,500 ) - (46,602) = 73,218円

明るく出来て、年間の電気代も下げられます。
水銀灯ランプは使用できなくなりますので(※)
交換を考えてみてはいかがでしょうか
※一般照明用の水銀灯ランプは2021年以降、製造・輸出・輸入は禁止されます。

記事一覧に戻る

PAGE TOP