兵庫・大阪を中心とする、関西エリアの電気工事は株式会社電建にお任せください!

  • 採用サイト
  • 写真を添付して相談する!

現場ブログ電建の日々の活動や電気工事の様子をお伝えします

  • 2015.06.13
  • 電建クラブプレミアム

漏電調査

マンションの管理人様よりお電話をいただきました。
「共用灯(廊下の一部)の照明回路のブレーカーが落ちた」

自転車置き場の照明器具の増設や、廊下の照明器具の交換でお世話になっているマンションの管理の御客様です。

現場にむかい、管理人室の分電盤をチェックし経路をたどっていきます。器具をばらしたり、回路を切り離しながら漏電個所を探していきました。
以前他の電気工事店に漏電調査の依頼をされたのだそうですが、結局漏電個所は不明のままだそうです。確かに漏電の箇所が解りにくく「結線」(電線を接続)してある部分が原因だったり、被覆がめくれて金属の配管に接触していたり・・・それがコンクリートの内部で発生していたら・・・・はっきりとした原因がわからない・・・なんて事も有るのです。
今回は漏電と言うより雨が降って「ショート」してしまう照明器具が有る事を発見しました、99%この器具と言える場所を発見しました。

応急処置をして完了、改修工事の見積もりを提出させた頂きました。
後日改修工事をするかどうかは自治会の決定に従います。

住民の方の不安を少しでも解消できたならば嬉しく思います。
今回の調査は約半日でした、早く解決できてよかったです。

ありがとうございました!

記事一覧に戻る

PAGE TOP