兵庫・大阪を中心とする、関西エリアの電気工事は株式会社電建にお任せください!

  • 採用サイト
  • 写真を添付して相談する!

現場ブログ電建の日々の活動や電気工事の様子をお伝えします

  • 2015.08.17
  • キュービクル・高圧設備

キュービクル更新工事 夜間作業

朝晩は少し秋の気配を感じられるようになってきました。
ツクツクボウシが鳴き始めました。

御盆休みは皆様いかがでしたでしょうか?
弊社では法人の企業様とのお付き合いも多いので、ゴールデンウイークやお正月、そしてお盆休みも工事をさせていただく事が多くあります。やはり企業様にとって設備改修は稼働日以外の方が都合が良いですしね。

今回の工事は高圧受電されている兵庫県の企業様のキュービクル内部の機器更新工事をさせていただきました。

高圧受変電設備は点検が義務付けられており、波及事故を防ぐために機械の更新をしていかなくてはなりません。

更新時期が来ている「トランス【変圧器】」「LGR【漏電火災警報器】」「SC【高圧進相コンデンサ】」「VCB【真空遮断器】」です。

今回の工事ではコンピューターの商品管理をされている為電気を長時間止められませんのでコンピューター用に発電機を使って仮設電源を送る事にしました。

また、作業は敷地の外も使用するために道路使用許可も警察に行きとってきました。
機器で一番重いのはトランスで、入れ替え時は「ユニック車」を使用して取替ました。


夜11時30に集合し、仮設電源を送る準備をしました。切り替えは午前0時30分~約20分の作業で終了しました、事前現場調査が効果を高めてくれました。

作業の終了は午前4時前になりました、キュービクルの点検業者に依頼して午前6時30より「耐圧試験」→「電源投入」となりました。

最後に仮設電源の切り替えを午前8時30分に完了し、一旦社屋の電気設備の動作確認をして頂き工事完了です。
貴社すると、新しく咲いたひまわりが出迎えてくれました。

ありがとうございました!

見積フォーム

記事一覧に戻る

PAGE TOP